相手に強く印象付けるにはリボン付きの名刺作成が効果的

名刺にリボンを添えるだけで、受け取る相手に与える印象を大きく変えることができます。ポップなデザインに、名入れやロゴを印刷したリボンを通すだけで、初対面の相手にも好印象を持ってもらえる名刺に仕上げることが可能になります。

ここでは、リボン付き名刺を作成する場合の流れと、使うことのメリットやデメリットを紹介します。

リボン付き名刺は相手に好印象を与えます

リボン付きの名刺を渡すことで、相手に自分を印象付けることができます。初対面のクライアントなど、面識の無い方との商談の際には、いかに自分を印象付けるかが重要になるものです。相手に渡す名刺にリボンを付けるだけで、他の人とは違う特別な名刺に変えることができるのです。

リボン付きの名刺を作成するには、それなりな手間がかかると考える方も多いでしょう。リボン付き名刺を作成する印刷業者では、名刺の注文を受けた時点で、納品する名刺にリボンを通す穴を空け、リボンと一緒に渡します。

通常の名刺作成と同様な形で注文することができ、すぐに納品してもらうことも可能です。ビジネスはいつも名刺を渡すことから始まります。初対面のクライアントに自分を印象付けるためには、リボンが付いた個性的な名刺を使うのも良い手段になるのです。

会社が今後交流を続けることを意味する重要な場でもある名刺交換の席で、相手に対していかに好印象を与えることができるかが、ビジネスの成否を決めます。他社とは違う、印象深い名刺作成でビジネスを成功へと導きましょう。

名刺もリボンもデザインを注文可能

リボン付き名刺を作成する際には、名刺のデザインは勿論のこと、リボンも自由にデザインすることが可能です。リボンを付加した名刺ですから、台紙のデザインもリボンに相応しいお洒落なものであることが大切です。角丸型の台紙にポップな感じのデザインや、自社のロゴを飾り、他では見られない、特徴ある名刺に仕上げていきましょう。

名刺を印刷する業者では、自社のサイト上でサンプルデザインを確認できたり、オリジナルデザインを頼むことも可能な場合が多いものです。実際のサンプルを目視で確認しながら、印象深いデザインのオリジナル名刺を作成しましょう。

名刺に付けるリボンも台紙のデザイン同様、相手に好印象を与えるための重要アイテムです。大きすぎず、派手すぎないものなど、自社のイメージにあったデザインに仕上がっているリボンを選びましょう。リボンに社名や、商材のセールスコピーを刷り込んでおくのも効果的です。

予算の範囲で検討を行い、相手に好印象を与えられる名刺作成を進めましょう。


リボン付き名刺のメリット

リボン付き名刺を作成することにより、初対面の相手でも、自社に対して強い印象を持ってもらうことが可能になります。優れた商材やサービスであっても、取引先を開拓できなくては、多くの売上へと結びつけるとはできません。

紙質にこだわるだけではなく、角丸型のデザインのポップなスタイルの名刺にリボンをアレンジすることで、競合他社とは違う、相手に強い印象を与えることが可能な名刺作成を行えるのです。女性の営業マンの方などは、リボン付きのかわいい感じの名刺をクライアントに渡すことで、初対面の相手に深い印象を与えることができます。

リボン付きの名刺といっても、普通の名刺に穴が空いているだけですから、カバンの中に名刺を忍ばせておき、必要なタイミングでリボンを結べば、すぐに相手に渡すことが可能です。商談の席でリボンを名刺に結ぶ姿を相手に見せるのも、クライアントへ好印象を与える場合もあります。

リボン付き名刺のデメリット

リボン付きの名刺といっても、業種によっては、相手に好感を与えるどころか、逆効果になる場合もあります。固いイメージのあるクライアントに対して、リボン付きの名刺を渡すことで、クライアントが自社を軽く見てしまう可能性もありえます。

リボン付きのポップな名刺を渡す場合と、通常の名刺を渡す場合で、営業マンが切り分けを行っておくほうが良いでしょう。同じデザインの名刺であっても、半分程度を穴の空いた仕上がりにし、リボンを別に作成することで、相手によって渡す名刺を使い分けることが可能になります。

小さめなデザインのリボンであれば、日常的にカバンのなかに忍ばせておいても、かさばることもなく、無理なく営業活動を行えることでしょう。

リボン付き名刺の作成はサイトから注文可能

リボン付きの名刺を作成してみたいと感じても、実際にどのような形で注文するのか分からない方も多いでしょう。オーダーメイドの名刺作成を行っている会社の多くで、リボン付き名刺の作成も行えるようになっています。

通常の名刺作成よりも、割高なコストが掛かっていくイメージがあるリボン付き名刺ですが、多くの名刺業者では、低コストでの作成が可能になっています。リボンに名入れを行ったり、自社のロゴをあしらってもらうのも、サイトを介して手軽に行うことが可能です。

印刷業者によっては、実際の出来上がりイメージを確認しながら発注できるところもあったりと、発注前に出来上がりの確認を行えるところも少なくはありません。

商談のきっかけを作れるリボン名刺

初対面の相手と名刺交換を行い、席に座って話し込むのは、会話のきっかけを掴むのが難しい部分もあるものです。苗字や名前が珍しい方の場合には、名刺に記載されている名前から、お互いの会話を弾ませることもできますが、多くの方は、初めて会ったクライアントに対して、何から会話を始めて良いかで悩んでもしまうものです。

リボン付きの名刺であれば、受け取った相手の興味をそそることができますから、リボンの話から会話を始めることができたりします。日常的に多くの来客を迎える企業では、リボン付きの名刺を渡す担当者は珍しいからです。

初対面の相手と談笑から会話を始めることさえできれば、商談もスムーズに進められるものです。

クライアントに応じた名刺の使い分けも大切

リボン付きの名刺は、相手に強い印象を与えるとはいっても、どのようなクライアントでも効果があるとは言えません。好意的に受け取ってくれる相手なのかを事前に見極め、普通の名刺とリボン付き名刺の使い分けを行うことも大切です。

コスト的な兼ね合いを意識しながら、普通の名刺とリボン付き名刺の適量発注を考えましょう。商談のきっかけを作る意味で、リボン付き名刺は高い反響効果を得ることができるツールになるからです。